株式会社アルファシビルエンジニアリング:地下非開削推進工事のパイオニア  
line
パイプルーフ工法(リターン回収掘進工法)
TOPへ戻る 会社概要 工法技術 堀進機・装置 工法紹介ビデオ
line
リンク
お問い合せ
採用情報
 長距離・急曲線推進工法
 特殊線形推進工法
 巨石・岩盤破砕型推進工法  メカニカルブラインド工法
 〈短距離推進技術〉

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 長距離推進工法  急曲線推進工法  複数曲線推進工法  特殊推進工法

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 巨石・岩盤破砕型堀進工法

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 メカニカルブラインド工法
 (低コスト・省スペース)

 地中接合推進工法(リターン回収推進工法) (貫入リング回転切削型接続工法)

 パイプルーフ工法
 (リターン回収掘進工法)
 ボックス推進工法
 (地下空間構築工法)

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 リターン回収掘進工法
 (発進立坑への回収技術)
 貫入リング回転切削型接続工法
 (直接地中接合技術)

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 パイプルーフ施工技術
 (リターン回収掘進工法)

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 ボックス推進工法

 


 パイプルーフ施工技術(リターン回収掘進工法)
パイプルーフ工法
パイプループ工法とは

 

本工法は、到達立坑が何らかの事情で設置できない場合に掘進機を残置せず、掘進機を推進した管内を通して引き戻して回収する工法です。
例えば既設のシールド、人孔、構造物への接続において、向こう側から手をかけず、管内から対処する場合に適用
できます。
また、曲線パイプルーフ施工が可能で曲線施工内でも掘進機の引き戻しが迅速に行えます。
また本工法は、掘進機を発進基地に迅速に引き戻せる機構としたことで、到達立坑が不要となり、大幅なコスト縮減が可能となりました。
特に長距離、曲線パイプルーフ施工として有効なため、工期短縮およびコスト縮減が図れる画期的な工法です。
また、継ぎ手付き鋼管に対しても、圧入することなく、掘進機に装着された継ぎ手切削カッターにより抵抗を抑える事が可能な工法です。

 

施工概要図

 

リターン回収掘進工法:発進立坑への回収技術
工法概要

 

  • 到達立坑がない場合や既設人孔、既設シールド管渠等のリターン回収が可能です。
  • 長距離、急曲線施工が可能で、長距離、曲線施工内でも掘進機の引き戻しがスムーズに行うことができます。
  • 掘進機は密閉式のため無水層から滞水層まで対応が可能です。
  • 長距離パイプルーフの施工が可能です。
  • 隧道内のパイプルーフ施工においてもユニバーサル発進台にて発進架台の設置、移動、撤去が迅速にできます。

 


 

〔特 徴〕

1. 隧道内の掘進では基地拡幅の寸法が小さい。
最低L=7.00m程度の基地長で施工が可能。
2. 掘削能力に優れ、軟弱土質〜硬質土〜砂礫・玉石土に対応可能。
3. 長距離掘進施工が可能であり、 通常のJIS鋼管にて対応可能。
(ジャンクション付鋼管掘進可能)
実績…シラス転石混じり層 N値5〜60程度 φ1016o L=110m×2(曲線)
推力500kN以内 地中ドッキング1スパン長220m
4. 曲線パイプルーフ施工が可能で曲線内でも掘進機の引き戻しが可能。
5. ユニバーサル発進台にて発進架台の設置、移動、撤去が迅速。
6. 掘進機の再組立が短時間にて可能なため、大幅な工期短縮を実現可能。
(現場にて掘進機再組立可能)
7. 軟弱地盤の隧道掘削に有効。
8. 隧道坑口の構築が短期間で施工可能。
9. 掘進機は密閉式掘進機構であるため無水層〜滞水層まで対応可能。


TOPへ戻る 


長距離・曲線
パイプルーフ事例
φ1016o L=110m 13スパン×2(曲線推進)
日本鉄道建設公団
工事名 : 九幹鹿薩摩田上トンネル工事

 

長距離・滞水砂礫層事例
パイプルーフ事例
φ1016o L=80m 8スパン
東京地下鉄(株)
連絡通路パイプルーフ工事(アンダーピニング工法)

 

 


先受パイプルーフ
(大断面地下空間の構築)事例

φ1016o ΣL=798m 21スパン
大空間駅舎工事


大断面地下空間の
パイプルーフ事例
φ812o ΣL=741m 39スパン
東京地下鉄(株)
工事名:13号線新宿七丁目一工区工事


長尺・放射状先受大断面
パイプルーフ事例
φ1200o L=149m×27sp(曲線推進) L=212m×27sp
シールドトンネル内先受パイプルーフ工事(分岐合流部施工)


台湾地下鉄大断面通路先受
パイプルーフ事例
φ812o ΣL=4,021m 166スパン
  

 

 

 

 ISO9001認証取得

 建設業許可

 建設コンサルタント登録

 測量業登録

(株)アルファシビルエンジニアリング 事業本部

 〒812-0015 福岡市博多区山王1丁目1番18号

 TEL(092)482-6311 FAX(092)482-6363

 E-mail: arfa@oregano.ocn.ne.jp

Flash
α CIVIL