株式会社アルファシビルエンジニアリング:地下非開削推進工事のパイオニア  
line
メカニカルブラインド工法 <短距離推進技術>
TOPへ戻る 会社概要 工法技術 堀進機・装置 工法紹介ビデオ
line
リンク
お問い合せ
採用情報
 長距離・急曲線推進工法
 特殊線形推進工法
 巨石・岩盤破砕型推進工法  メカニカルブラインド工法
 〈短距離推進技術〉

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 長距離推進工法  急曲線推進工法  複数曲線推進工法  特殊推進工法

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 巨石・岩盤破砕型堀進工法

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 メカニカルブラインド工法
 (低コスト・省スペース)

 地中接合推進工法(リターン回収推進工法) (貫入リング回転切削型接続工法)

 パイプルーフ工法
 (リターン回収掘進工法)
 ボックス推進工法
 (地下空間構築工法)

 ▼ページ内のリンクへ移動します

 リターン回収掘進工法
 (発進立坑への回収技術)
 貫入リング回転切削型接続工法
 (直接地中接合技術)

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 パイプルーフ施工技術
 (リターン回収掘進工法)

 

 ▼ページ内のリンクへ移動します。

 ボックス推進工法

 


 メカニカルブラインド工法 〈短距離推進技術〉
工法概要

 

本工法は、密閉式機械推進工法で、従来の刃口推進のような路線全体の地盤改良は不要となります。カッタビットをアタッチメント方式としたことでビットのみの変更により普通土〜岩盤層まで掘進可能としました。
また、刃口推進工法のような地山の崩壊から脱却し、切羽の安定に優れた密閉式推進工法です。
既設構造物への接合時は、発進側への引戻回収が可能です。
従って、回収立坑は不要となりコスト縮減が実現可能です。

 

 

コスト縮減

●切羽圧力の制御が可能で地盤改良工・
薬液注入工が激減。

●カッタビットアタッチメント方式により
幅広い土質へ対応。

●掘進機内部駆動装置の発進側への引戻しが可能。

●短距離推進より計画可能。

 

作業環境改善

●切羽人力堀削作業の機械化による作業環境改善。

●モニターカメラおよびタッチパネル方式での
遠隔操作管理による簡単操作。

 

適用性等

●軟弱地盤〜木杭、PC杭、中硬岩土質に対応。

●急曲線施工が可能。

●多様な排土方式(パケット運搬〜吸引排土方式)。

 

ビット交換・取替簡単

●カッタビットアタッチメント方式により
交換が容易。


メカニカルブラインド工法システム図(参考)

TOPへ戻る 

 

カッタビット交換機構(アタッチメント方式)

溶岩、変成岩、火山岩、巨石・転石Max2000mm土質の施工例

 

 

 

 ISO9001認証取得

 建設業許可

 建設コンサルタント登録

 測量業登録

(株)アルファシビルエンジニアリング 事業本部

 〒812-0015 福岡市博多区山王1丁目1番18号

 TEL(092)482-6311 FAX(092)482-6363

 E-mail: arfa@oregano.ocn.ne.jp

Flash
α CIVIL